意外と間違えている防虫剤の置き方 ニット、ジャケット、布団…正しいアイテム別衣替え術(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))



出典元:こんなにニットやセーターを入れても…圧縮袋ですっきり!(画像提供:エステー)

「セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)」のキャリーのように見やすく、きれいに片づいたクローゼットは女性たちの憧れ。整理整頓されたクローゼットは通気性も良く、衣類にも快適な状態です。限られた収納スペースで役立つのが、アイテムごとの収納方法。「収納のプロ」である整理収納アドバイザーのすはらひろこさんがコツを教えてくれます!

【関連画像】何が入っているのか一目瞭然

●丸める、立てる、まとめる「分かりやすい収納」を心掛けて

 春夏物に比べて、かさばりやすい秋冬物のアイテム。クローゼットや衣類ボックスにそのまま畳んで収納するよりも、形をそろえたり、便利グッズを使ったりするとスッキリ片づきます。

●ニットやカーディガン、スカートの収納(圧縮編)

 厚手のニットは圧縮袋を使うと、かなりの枚数を一気に収納できます。圧縮袋にニットと脱酸素剤を入れ、掃除機で空気を吸い出せば、こんなにコンパクトに!

 「このとき圧縮袋に入れるのは、防虫剤ではなく、圧縮袋専用の“脱酸素剤”。酸素がない状態にして、虫食いを防ぎます。防虫剤は空気に触れないと防虫成分が働かないため、圧縮袋内では効果が出ません」

●ニットやストールなどの収納(丸める)

 ニットは袖を内側に折り畳み、さらに二つ折りにしたら、端からクルクルと丸めます。ストールも端から丸め、収納ボックスにイン。

 「丸めて収納することで、畳みジワが付きにくくなりますし、見やすく、取り出しやすいという効果もあります。普通に畳んで収納する場合は、シワを防ぎたい服を一番上に置いて。一番下に置くと、衣類の重みでプレスされてしまいます」

●冬小物はひとまとめに収納(洗濯ネット)

 ストールや手袋、冬物のタイツは洗濯ネットに入れ、ひとまとめにして収納を。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。



コメントを残す