週末塩抜きダイエット 1日だけでもむくみがとれる食事のルールはたったの3つ(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))



出典元:ふくらはぎや太ももがむくみやすいという人は、体が水分をため込んでいるのかもしれません。そこでお薦めなのが、週末だけ食事の塩分を抑える「週末塩抜きダイエット」。下半身がすっきりするのを体感しましょう。

ふくらはぎや太ももがむくみやすいという人は、体が水分をため込んでいるのかもしれません。そこでお薦めなのが、週末だけ食事の塩分を抑える「週末塩抜きダイエット」。下半身がすっきりするのを体感しましょう。“脚がぽちゃぽちゃしてむくみやすい「むくみ脚」タイプに”オススメのダイエット法です。

【関連画像】塩分を控えると体内の水分量は減る

 「体がむくむのは、静脈やリンパの流れが滞るから」というのは、知っている人も多いだろう。私たちの体内では、動脈を流れる血液が全身の細胞に酸素や栄養分を運び、静脈を流れる血液やリンパ管を流れるリンパ液が老廃物や余計な水分を回収している。ただ、長時間のデスクワークなどで脚を動かさないと、静脈からの血液の戻りが悪くなり、重力の影響で体内の水分が下半身にたまる。夕方にむくみを感じやすいのはこのためだ。

 加えてむくみを助長するのが、“塩分のとりすぎ”。慶應義塾大学病院血液浄化・透析センターの林松彦教授によると、「体には体内の塩分(ナトリウム)濃度を一定に保つ働きがある。塩分をとりすぎると、濃度を下げようとして体内に水分をため込み、むくむ」。外食が多い人は要注意だ。

 むくみを一気に取り去りたいなら、野菜研究家の庄司いずみさんが提唱する「週末塩抜きダイエット」に挑戦しよう。「1日の塩抜きで1kg、2日なら2kg程度体重が減り、下半身のむくみも解消する。塩分を排出するカリウムが多い野菜をとるのがお薦めです」(庄司さん)。運動やマッサージを組み合わせれば、より効果的だ。

●週末塩を抜くと、ため込んだ水分が抜けてむくみがとれる!

日本人の食事は諸外国より塩分量が多い。厚生労働省が定める目標量は成人女性で1日7g未満なのに対し、平均摂取量は9.4gと1.3倍以上。「塩分のとりすぎでむくんでいる人は多い。過剰な塩分を抑えることで、体にため込んだ水分が排出されてむくみがとれる」(林教授)。

●むくんだ状態

「血流が滞り、静脈から心臓への戻りが悪くなると、静脈内の圧力が上昇。本来静脈で回収されるはずの水分が押し戻され、細胞間の水分が増えてしまう。これがむくんだ状態」(林教授)。

●正常な状態

動脈で運ばれた血液が毛細血管に達すると、栄養分や酸素が水分とともににじみ出し、細胞に行き渡る。細胞側からは老廃物が水分とともに静脈やリンパ管ににじみ出し、回収される。

●塩分を控えると体内の水分量は減る

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?



コメントを残す