そのムダ遣い、防げます! 損を99%避ける買い物術(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))



出典元:ムダ遣いを防ぐための「ルール」を決めることも大切です makaron* / PIXTA

「人間は無意識に『損したくない』と考える生き物。しかし、そうした〝感情〟に流されて、合理的とはいえない判断をしてしまい、逆に損をするケースは少なくありません」と、行動経済学に詳しい大江英樹さん。

 通販の「返品無料」、値札に付いた値引き表示…。一見お得そうだが、「余計な買い物をさせるための誘導ではないか、冷静に判断を。セールではクレジットカードを使わないなど、ムダ遣いを防ぐためのルールを決めることも大切です」。

 特に注意したいのは金融商品。高金利に見えて、手数料が高いものもある。「なぜお得なのか考えて、仕組みが理解できないものには手を出さないのが賢明です」。

●行動経済学 「損を避けたい」と思う余りに気付かぬ損をしていることも!

Q1. あなたは映画館で映画を見ている。30分たったが、期待外れだ。そんなとき、どうする?
(A)途中で席を立つ
(B)もったいないので最後まで見る

正解 (A)途中で席を立つほうが、ムダが少ない

「お金を払ったのだからもったいない」とBを選ぶ人も多い。この心理を「サンクコスト(=戻ってこないお金)効果」という。しかし実際は、AもBも損した金額は同じ。時間を有意義に使える分、Aのほうが合理的だ。

Q2. 「返品自由」と書かれた通販サイト。気になる商品がいくつかある。どうする?
(A)注文して、気に入らなければ返品する
(B)どうしても欲しいのでなければ、注文しない

正解 (B)一度手にしたものは、手放しにくくなる

返品可能といわれると、購入へのハードルが低くなる。しかし、一度手に入れると今度は手放すのが惜しくなるのが人間。この心理を「保有効果」という。「返品には手間もかかり、実際にはハードルが高い作業です」(大江さん)。

Q3. 住宅購入の頭金のため定期預金に200万円貯めた。そんなとき、車を200万円で買い替えることに。どちらを選ぶ?
(A)定期預金は残し、車はローンを組んで買う
(B)定期預金を崩して車を買う

正解 (B)ローンを組むほうが金利負担が大きい

メガバンクの自動車ローンの金利は変動金利で年3~5%程度。一方、定期預金の金利は年0・01%。「貯めたお金を崩すのがもったいないという理由でローンを組むと、0.01%の利息をもらうために3~5%の利息を支払うという損な結果に」。

Q4. 買い物に行き、見た目も質感もそっくりな白いシャツを見つけた。どっちを買う人が多い?
(A)値札の3万円が1万円に修正されたシャツ
(B)最初から1万円で売られているシャツ

正解 (A)値段よりも、値下げに注目してしまう

人は最初に示された数字に影響を受ける。これを「アンカリング(=碇いかりを下ろす)効果」という。Aは、最初に書かれた3万円が印象に残り、1万円を安いと感じるが、「本当に大切なのは、価格に見合う価値があるかどうか」。

Q5. 3000円の買い物をしたら、レジで「あと1000円買えばポイントが2倍になる」と言われた。どうする?
(A)あと1000円買う
(B)追加の買い物はしない

正解 (B)おまけにつられて実は損している!

「“おまけ”であるポイントのために、余計なお金を払うのは本末転倒」。この現象を「選好の逆転」という。ポイント還元率は多くの店で1%。このケースでは、1000円余計に払っても、上乗せでもらえるポイントは50円分しかなく、損してしまう。

Q6. あなたは投資信託の購入を検討中。どちらを選ぶ?
(A)毎月いくらかのお金を「分配金」としてもらえる投信
(B)分配金のない投信

正解 (B)目先のお得感に惑わされないで

投信の分配金は運用の利益や元本のなかから支払われる。つまり、自分の資産の一部を受け取っているだけ。「お得と感じるのは錯覚です。分配金を出さず、運用に回す投信のほうが合理的」。

【この人に聞きました】
大江英樹さん
経済コラムニスト

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。



コメントを残す