美智子さま 「かつての」疎開先ご訪問へ! 平和への祈りの“集大成”(週刊女性PRIME)



出典元:静岡県ではスペイン国王夫妻を案内された(4月7日)。国際親善の活動も“最終局面”に

天皇陛下と皇后美智子さまのご予定について「両陛下は5月17日から、取りやめになっていた栃木県日光を私的に訪問されることが決まりました」と話すのは、ある宮内庁関係者。

「はだしのアンカー」を見る

 今回のご旅行は、両陛下に四季の移り変わりを楽しんでもらうことを目的に、13年に始まった「私的旅行」で今回が8回目となる。

「日光への旅行は当初、15年9月に計画されましたが、直前に栃木県・茨城県で大きな被害がでた『東日本豪雨』があり、両陛下は自粛されていました」(宮内庁担当記者)

 太平洋戦争の末期、日本各地で米軍機による空襲が激しくなると、子どもたちを地方に避難させる「疎開」が行われることに。

 陛下も美智子さまも例外ではなく、陛下は当初沼津へ。そこからさらに疎開されたのは、栃木県日光市だった。

 日光でも陛下と机を並べた学習院時代の同級生で、元共同通信記者の橋本明さんが振り返る。

「陛下の朱塗りの盆にのった弁当には卵や肉類もあり豪華で、おいしそうだった。ただ年に数度、私たちには家族が疎開先に来て面会し、ごちそうにありつけたものです。

 お立場上、昭和天皇や香淳皇后が会いに来るはずはなく、たいへん寂しい思いをされていたと思います」

 やがて、宇都宮が空襲にあい奥日光に再び疎開すると、陛下の食卓からは卵もなくなり、同級生たちと野草や木の実を採りに行かれたという。

「玉音放送を聞かれたのも、昭和天皇から戦争の敗因を説明された手紙を受け取ったのも奥日光でした。そんな地を再訪することで、平和を願い戦争を繰り返してはならないというメッセージを示される意義は深いと思います」(橋本さん)

 陛下に同行する美智子さまも、疎開先への郷愁が募っておられることだろう。

「美智子さまは、1944年春に神奈川県の鵠沼にあった日清製粉の寮に疎開されました。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~



コメントを残す