健康・長寿・若さのカギは「快便」!いいうんちとは?あなたの腸年齢は?(OurAge)

「うんちは体からの便り」と言うのは、理化学研究所・特別招聘研究員で“うんち博士”の異名を持つ辨野義己さん。若さと健康寿命を手に入れるためには最も大事という「快便ライフ」の話をうかがった。 「快便のためにぜひ身につけたいのがうんちを『作る力』『育てる力』『出す力』。まずは自分の腸年齢や、いい... 続きを読む

ブラピ&アンジーの世紀の離婚劇…引導を渡すのは、やはり「強い女」?(OurAge)

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの離婚に、明るい進展が!? 映画ジャーナリストでロサンゼルス在住の中島由紀子さんによれば、ブラッドの家の近くにアンジーが子供たちを連れて引っ越し、いつでも会えるように態勢を整えているそう。また、ブラッドは何ヶ月も公の場を避けていたが、最近自分の出演作品... 続きを読む

騙されないと思う人ほど騙される。詐欺対策は「お金の話が出たら、さしすせそ」(週刊女性PRIME)

「“自分だけは詐欺なんかに引っかからない”と思っている人ほど騙されやすい」  と悪徳商法の被害者心理に詳しい立正大学の西田公昭教授はキッパリ。それを証明するかのように、内閣府が’16年に行った世論調査では、「自分は被害に遭わないと思う」と答えた人の割合は80・7%と高い。 「具体的な対策を... 続きを読む

JUMP中島裕翔、都内カメラ専門店に変装して訪れる(週刊女性PRIME)

「Hey! Say! JUMPの中島裕翔クンがひとりで買い物をしていました。黒いシャツにジーンズ姿でしたね。黒いニット帽と黒縁のメガネにマスクをして変装していましたが、背の高さとオーラで彼だとわかりましたよ」(目撃した女性)全身写真を見る 中島が都内のカメラ専門店に現れたのは、6月中旬のお昼過... 続きを読む

マドンナ新恋人は28歳差の細マッチョモデル!年下ラブが止まらない!?(女子SPA!)

もうすぐ59歳になるマドンナの年下好きが止まらない!  今回、噂になっているのはポルトガル出身のモデル、ケヴィン・サンパイオ(31歳)とその年の差28歳! またもや超年下の離れた彼氏を捕まえたと話題になっています。 ◆すでに交際1年以上?決めては口が堅いこと!  マドンナと細マッチョな... 続きを読む

詐欺事件の検挙被疑者の8割以上が10~30代!知らぬ間にうちの子も加害者に?(週刊女性PRIME)

警視庁の発表によると、2016年の特殊詐欺の検挙人員は552人。そのうち、10~30代が87%を占める。役割別では、詐欺で現金を受け取る、いわゆる「受け子」役が48%。わが子が詐欺加害者になる可能性は、少なからずある。 「友達や先輩から“日当5万円のいいバイトがあるよ”などと声をかけられ、軽... 続きを読む

JUMP中島裕翔、都内カメラ専門店に変装して訪れるも目撃される(週刊女性PRIME)

「Hey! Say! JUMPの中島裕翔クンがひとりで買い物をしていました。黒いシャツにジーンズ姿でしたね。黒いニット帽と黒縁のメガネにマスクをして変装していましたが、背の高さとオーラで彼だとわかりましたよ」(目撃した女性)全身写真を見る 中島が都内のカメラ専門店に現れたのは、6月中旬のお昼過... 続きを読む

初夏のハーブ、愛らしいブルーの「ボリジ」で、どんより気分も晴れやかに!(OurAge)

ボリジというハーブをご存知だろうか? ボリジは地中海沿岸に自生する一年草。星のような形でうつむき加減に咲く、とても可憐な花だ。その美しい青色は、昔、画家が聖母マリアの青い衣装を書くときに、この花の色を色見本として用いていたことから、「マドンナ・ブルー」とも呼ばれているそうだ。 「今、わが家の... 続きを読む

詐欺被害者の8割近くが70代以上、最大の防御法は「電話に出ない」(週刊女性PRIME)

「都内では被害者の79%が70代以上の高齢者で、そのうち77%が女性です」  と、警視庁犯罪抑止対策本部特殊詐欺対策第一担当管理官の山上嘉人警視。その手口は、高齢者の心の隙をついたものが多いというから悪質だ。老後の不安から、少しでもお金があったらいいなという気持ちをついた「還付金詐欺」、息子... 続きを読む

かわいいハンコを購入して野生動物保護に貢献 あなたの名字に合うのはどの動物のシルエット?(オーヴォ)

気の利いたオリジナルアイテムが作れて、野生動物保護にも貢献できる。そんないい話をご存知だろうか? WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)は、全く新しい野生動物の保護活動支援スタイルとして、絶滅のおそれがある動物のシルエットを自分の名字に組み合わせたスタンプが作れる「WITH ... 続きを読む