老後破産を避けるために、年金の仕組みをおさらい。自分が該当する制度は?(ESSE-online)

ESSE編集部が読者に家計の心配事についてアンケートをしたところ、「老後のお金」が第1位に。「老後破産」という言葉をよく耳にする昨今、定年後も安心して暮らすために、すぐ見直すことができる家計のチェックポイントを紹介します! 「日本の年金制度は、『3階建て』の仕組みになっています(下の... 続きを読む

家事をラクにするには、2割のものだけ取り出しやすく収納すれば合格だった!(ESSE-online)

てきぱきと家事を終わらせて出かけたいのに、いつまでも終わらない!そんな悩みは、部屋のインテリアや収納を見直すことで改善できるかもしれません。知的家事プロデューサーの本間朝子さんによると「家事がはかどる部屋づくりは、見た目より使いにくい場所の改善が目的です」とのこと。 「時間をかけてすみず... 続きを読む

100均のお弁当用シリコンカップが使える!メイクコーナーをすっきり見せるワザ(ESSE-online)

メイクコーナーはつい化粧品や小物でごちゃごちゃしがちですが、1日を始める場所でもあるだけに、整然と片づけておきたいもの。ましてやそのスペースが、人の目にも触れるオープンな場所だったら…。自分が日々使う道具を置いておいても、散らかって見えないようにするにはどうすればいいのでしょうか? ... 続きを読む

プロっぽい!?キラキラまぁるい玉ボケ写真に挑戦してみよう!(ESSE-online)

写真を撮ることが楽しくなってくると、玉ボケを上手に撮れるようになりたいと思うことがあるものです。玉ボケが撮れるようになると、写真に雰囲気が出て、ちょっとプロっぽくなった気分を味わえます。 いま、話題になっている・・・TV放映で話題沸騰中!水素スパH-Potをご存知ですか?その効果について... 続きを読む

【大人のムダ毛処理】脇とカミソリの角度を平行に!正しいケアをおさらい(ESSE-online)

年齢を重ねるほど、夏、気を抜けないのが「脇のムダ毛処理」。最近はいいカミソリが続々発売されていますが、正しいそり方でないと、長年の処理傷と相まって肌ダメージの原因に。 「脇は、色素沈着や炎症を起こしやすい部分。肌を傷つけないようカミソリは角度をつけずに当てて」と話すのは秋葉原スキンクリニック... 続きを読む

薄眉に悩むアラフィフ世代にも!大ブーム中の「眉ティント」の使い方(OurAge)

「『眉ティント』と呼ばれるコスメがバラエティショップで人気になり、広がりを見せています」と教えてくれたのは、美容エディターの中込久理さん。 かつて塗って日焼け肌を作るセルフタンニングがはやったが、これはその眉版のようなもの。つまり眉部分の肌を数日間だけ染めてしまうという仕組みである。 「昨... 続きを読む

生活研究家に聞く、夏の風物詩「花火」を楽しむためのしきたりについて(OurAge)

季節の行事のすごし方や、親戚・ご近所とのおつきあい。恥ずかしくなく普通に暮らすため、カジュアルな決まり事を覚えておきたいものだ。そこで、今回は夏の風物詩「花火」について、生活研究家、消費生活アドバイザーの阿部絢子さんにお話を伺った。 「花火は川や海で打ち上げられます。有名な両国の花火は、『悪... 続きを読む

今ブームの「眉ティント」。美容エディターがすすめる初級者向けのアイテムは?(OurAge)

今、若い女子の間で大ブームになっている、「眉ティント」。眉部分の肌を数日間だけ染めてしまうという仕組みのコスメだが、「難しそう」「失敗しても落ちないまま?」などと躊躇している人も多いはず。そこで、ティント初心者でも挑戦しやすい初級、中級者向けのアイテムを、美容エディターの中込久理さんに教えても... 続きを読む

若さを作るのは「引き算」!?脳科学者・茂木健一郎氏エッセイ(OurAge)

脳科学者、作家、ブロードキャスターの茂木健一郎氏。 「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究する茂木氏が、オンラインメディアOurAgeで連載中のエッセイ「いつまでも若い脳の作り方」。まず第1回をお届けする。 ————... 続きを読む