サラダにタンパク質をプラスしてパワーアップ!血流を改善し、冷えを防ぐ「マグロとアボカドの和風タルタルサラダ」(OurAge)

暑い夏は冷たい料理に食指が動く。そこでおすすめなのが「パワーサラダ」だ。そもそもサラダは女性が好きなメニューだが、肉や魚介、チーズ、卵、豆などをプラスしてパワーアップ。野菜が持つ豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維はもちろんのこと、美肌や美ボディ、元気な毎日に欠かせない栄養素である「タンパク質」... 続きを読む

アラフィフ女医75人に聞いた、「目&目まわりで気になる症状」。1位はやはり…(OurAge)

目と目まわりのケアについてアラフィフ世代の女医75人にアンケートを行ったところ、54%の人が気になる症状として挙げていたのが「老眼で近くが見づらいこと」。現時点では、老眼鏡(リーディンググラス)を愛用している人はごく一部だったが、なかには度数を調整した近視用コンタクトレンズ、メガネ、老眼鏡を併... 続きを読む

女性は大豆を丸ごと食べよう!豊富な栄養を逃さず、とじこめた「蒸し大豆」がおすすめ(OurAge)

「大豆は身体にいい」ということは、みなさんよくご存じだろう。 昔から「畑の肉」と呼ばれているほど、大豆は優秀なタンパク質源。ビタミンやミネラルも豊富に含んでいる。また、腸の働きを促す食物繊維や腸内の善玉菌のエサとなってその働きを活性化してくれるオリゴ糖など、腸内環境の整備に役立つ成分も多く含ま... 続きを読む

似合う「赤」で、トレンドを取り入れて!美容エディターがアラフィフ世代におすすめの4本(OurAge)

大人の肌をきれいに見せてくれる赤リップ。慣れていない人も、思いきって挑戦しては?美容エディターの近内明子さんに、アラフィフ世代におすすめの4本を教えてもらった。きっと、似合う「赤」が見つかるはず。 クリーミーな質感で優しい口元を作る ◆コスメデコルテ/AQ MW ルージュ グロウ RD457... 続きを読む

老眼に白内障、スキンケアまで!アラフィフ世代の女医75人に聞いた「目まわり対策法」(OurAge)

年齢を重ねると現れてくる、目&目まわりの気になる症状。そこで、アラフィフ世代の女医たちはどんな対策をしているのか、75人を対象にアンケートを行った。 ◆老眼対策、どうしてる? 老眼の症状が出て、メガネやコンタクトレンズを使い分けている人が多いよう。 「40歳くらいから老眼が始まり、日常生活... 続きを読む

夏はタンパク質たっぷりのパワーサラダを!「エビとパプリカのレモンマリネ」(OurAge)

暑い夏はサラダメニューがうれしい。なかでも最近、デリなどで注目を集めているのが、肉や魚介、チーズ、卵、豆などをプラスしたごちそう風サラダだ。野菜が持つ豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維はもちろんのこと、美肌や美ボディ、元気な毎日に欠かせない栄養素である「タンパク質」がプラスされ、よりヘルシー。... 続きを読む

Facebookは心のかさぶたをはがす【燃え殻さんインタビュー】(女子SPA!)

ある日突然、スピードワゴンの小沢一敬とtwitterで「会おうよ」という展開になり、その後誕生日会を開いてもらったら好きな作家・樋口毅宏がシークレットゲストとして登場し、彼に「小説を書け」と言われ、紹介されたcakesで連載すると糸井重里や大根仁ら著名人に絶賛され、書籍化したらベストセラーにな... 続きを読む

バーキン、シャネルはNG!お金持ち男性の本命になれるファッションとは?(女子SPA!)

結婚を視野に入れて出会いを探す女性にとって、男性のスペックは無視できません。多くの女性が密かに気にしていることは、男性にどれだけ“稼ぐ能力”があるか、ではないでしょうか。  そんな超高収入男性は、女性のファッションのどこに注目しているのか。彼らに“NG”とジャッジされるポイントはなんなのか。... 続きを読む

松岡茉優、キスシーン後は何回経験しても気まずい「まだ正解がわかりません」(週刊女性PRIME)

「幼稚園の卒園アルバムで“将来の夢”という項目に“妖精”って書いたら、母にその夢は叶わないねって笑われたんです。でも今回演じる沙也加は、夫に“妖精みたい”と言われる女性なので、遠回りしましたが、夢を叶えることができました(笑)」【この記事のすべての写真を見る】 ドラマ『ウチの夫は仕事ができない... 続きを読む

【浮気事件簿】東京生まれ夫、関西出身妻と不協和音からの浮気?復讐のタコ焼きのお値段は?(Suits-woman.jp)

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します!浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。 ☆☆☆ 今回の依頼者様は、鈴木沙織さ... 続きを読む