40~50代以降は発症率が高い!気をつけたい目の病気や症状とは?(OurAge)



普段調子がよいときは特に意識することなく使い続けている目。40~50代が知っておくべき「目の病気と症状」とはどんなものなのか、また発症率はどのくらいなのか、筑波大学医学医療系眼科教授・医学博士の大鹿哲郎さんに話をうかがった。今と将来に備えてしっかりチェックしよう。そして気になる症状がある場合は放置せず、適切な対応をしていこう。

「目の病気は発症率が高いものが多く、互いに関連し合うこともあります。一度に複数の病気が見つかったり、前後して生じることも少なくありません」と大鹿ドクター。高齢になると多くの人が発症する白内障は、緑内障や網膜の病気で手術する際、一緒に手術してしまうこともあるそうだ。

・「目の病気」と発症率の目安
●ドライアイ 推定800万~2,200万人(日本眼科学会ホームページより)

●白内障(軽度のものを含む) 50代…2人に1人、60代…3人に2人、70代…5人に4人 80歳以上…ほぼ全員(白内障診療ガイドラインより)

●緑内障 40歳以上…20人に1人、70代…10人に1人(日本緑内障学会 多治見緑内障疫学調査より)

●加齢黄斑変性 50歳以上…80人に1人(久山町研究〈2007年〉より)

・以下の症状がある人は、まずは眼科でチェックをしてもらおう。
●目がゴロゴロする。目の表面が痛い。⇒ 目が乾燥することで起きやすい症状。ドライアイかも?

●目が乾く。⇒ 涙の量が減ったり、涙が目の表面にとどまりにくくなったりすることからくる、ドライアイの症状だと考えられる。

●感情とは無関係に涙が出やすい。⇒ 目の本来の働きがスムーズにいかなくなっている可能性が。ドライアイで涙が出やすくなることもある。

●ものが歪んで見える。⇒ 加齢黄斑変性など、目の奥の網膜の中心部にある黄斑部に異常があるときに出やすい症状。

●視界の一部に暗く見えるところがある。⇒ 緑内障や、網膜の中心部にある黄斑部の病気、網膜はく離などの疑いがある。

●チラチラと小さな虫のようなものが見える。⇒ 多くは問題のない生理的な飛蚊症だが、網膜がはがれかかったときにも生じるので注意。

●ひどくまぶしく感じる。⇒ 白内障の初期に起こりやすい症状。目の水晶体に濁りが生じると、光が散乱するため、まぶしく感じることが多い。

●かすんで見える。⇒ 白内障で起こりやすい症状。目の水晶体に濁りが生じると、網膜に届く光の量が減り、かすむことがある。

少しでも不調を感じたら、医師に相談を!



コメントを残す