テレビ業界のセクハラがひどい!女性AD「上司に舌をねじ込まれた…」(女子SPA!)



セクハラに対する意識が広がりつつあるとはいえ、被害にあっても、どうすることもできず泣き寝入りすることもまだまだ多いようです。

 まして、日常的に職場ぐるみでセクハラが頻発する会社の場合は…。被害にあった女性に話を聞きました。

◆毎日のようにセクハラ…テレビADの悲惨な日常

 テレビ制作会社でADをしていた希美さん(仮名)は、毎日のようにセクハラの被害に遭っていたそうです。

 入社して1週間後に行われた歓迎会で、最初のセクハラは起きました。1次会は居酒屋で紹介がてら、ビール瓶を持ってディレクターやプロデューサーへ挨拶に回りました。そして行った、2軒目のカラオケボックスで“事”は起きました。

「マドンナと呼ぶべき美女ディレクターを男性たちが囲んだのです。彼女を机の上にあおむけに倒すと、彼女の足を広げさせて、入れ代わり立ち代わり男性たちが腰を振るマネを始めたのです。もちろん全員服は着ていますが、あまりのことに衝撃を受けました」

 その直後、希美さんはプロデューサーにデュエットの相手をさせられ、腰に手を回されるのですが、「嫌です」とは言えなかったそうです。

「あんなに激しいセクハラを見た後で、腰に手を回されたくらいで『セクハラだ!』と騒ぐことなんてできませんでした。あの行為は、新人女性たちへの『これからセクハラ三昧の日々が始まるぞ』という先制パンチだったのかもしれません」

◆「お湯加減どう?」シャワー室に20歳年上の男性が…

 希美さんが最初に配属されたのは、張り込み現場。一軒のマンションを借りて、20歳年上のディレクターと2人っきりの夜を過ごしました。

「希美、シャワー浴びてきていいよ」というディレクターの言葉に違和感を覚えたのですが、さすがに体を洗いたかったので、お礼を言ってシャワールームへ。24時間同じ部屋にいることに疲れていた希美さんは、しばらく脱衣所で座り込んでいたそうです。

すると――、ガチャっと音がしたと思うと、

「お湯加減どう?」

 ドアが開いて、ひょこっと顔を出したのはもちろんそのディレクターです。

「なんだ、まだ入ってなかったのか」

「入ってなかったらどうするつもりだったんだよ!!」と、希美さんは今でも怒りに打ち震えます。

◆「セクハラ対策委員長」が一番のセクハラ大魔王

 その後も希美さんはいたるところで、「ここでやろ!」と誘われたり、「今日、お前んちに泊まりに行くから!」と本当に家まで押しかけられたり、帰れなかった時用に会社のロッカーに常備して置いた希美さんの下着を先輩がかぶって社内を走り回っていたこともありました。

 そして決定的にショックを受けたのは、信じていた上司からの仕打ちでした。

「お前、ひどいセクハラに遭っているらしいな。飯を食いながらちょっと話を聞かせてくれ」

 と呼び出され、「やっと助かる」と思ったその夜。希美さんの話を聞いているうちに、上司はグイグイと酒を飲み、明らかに興奮している様子に変わっていったそうです。

「店を出た途端、上司は豹変しました。元々柔道をしていたので力も体も大きいんです。壁に力ずくで押し付けられ、お酒臭い舌を無理矢理私の口に滑り込ませてきました。力では敵(かな)いませんでした……。

 上司が一瞬力をゆるめた瞬間、タクシーに飛び乗り、事なきを得ましたが、あの恐怖は今でも忘れられません。

 その上司はその後、セクハラ対策委員の委員長になりました。私が辞表を出したことは言うまでもありません」

 ここまでいくともはや性犯罪で、“セクハラ”だけでは片づけられませんが、希美さんは「怖くて泣き寝入りするしかなかった」といいます。今でもその上司は、会社の上層部に残っているそうです。

―私達の身近な「セクハラ」vol.1―

<TEXT/大伯飛鳥>

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。



コメントを残す