怒りがおさまらない時、夜中の2時に目がさめる!?漢方的「臓器の働く時間割」とは?(OurAge)



先日、漢方カウンセリングで「最近、ちょっとしたことでイライラするし、カーッとくることもあって更年期かなと思うんです。ぐっすり眠れず、夜中2時ころに目がさめることも多くなって」というお悩みがあったという、漢方薬剤師の樫出恒代さん。

「ぐっすり眠れないのも気になりますが、もうひとつ気になるのは、目がさめる時間です。漢方では『臓器の働く時間割』があり、身体をながれる[気](命のエネルギー)の流れに沿って、各臓器が活発になる 時間と休む時間があるのです」と樫出さんは話す。

「夜中の2時といえば、『肝経』の時間。すなわち、肝臓です。この時間はぐっすり眠って
肝臓の疲れをとってあげるとよい時間。その時間に目覚めることは、その臓器になんらかの関係があると考えられます」とのこと。肝臓(胆のうも含む)「肝」というはたらきは、漢方では「怒り」「イライラ」とつながるところで、まさに、身体、「肝」からのサインが出ているのだそう。

では、その「臓器の働く時間割」について解説してもらおう。1日の中で、臓器が活発に働く時間2時間を〈高期〉、そのすぐ後に休む時間2時間を〈低期〉という。その臓器の働きによって、どの時間に何をしたほうがよいかが明らかになるという。

● 朝7時~9時…「胃経」の時間。
胃がきちんと働いてくれるので、この時間に朝食を食べたほうがよい。

●9時~11時…「脾経」は脾臓・膵臓の働く時間。
食べた朝食をちゃんと消化する。

●11時~13時…「心経」心臓の働きの時間。
ランチの時間だが、あまりたくさん食べすぎると、眠くなってしまう。また、いつもこの時間に体調が悪くなる人は、動悸・息切れなど心臓の疾患につながることがあるかもしれないので、気をつけて。

●17時~19時…「腎経」腎臓の時間。
この時間にいちばん水分を代謝してくれる。19時以降はあまり水分を取りすぎないほうがよい。また腎臓は漢方の「腎」で、動いたり、考えたりするための大事なエネルギーである「気」を貯蔵してくれるところ。この時間に具合が悪くなる人はエネルギー不足のことが。仕事から家に帰って、いったんすわると立てなくなるような人は「腎」のはたらきが落ちている可能性がある。

●19時~21時…「心胞経」血液循環の時間。
●21時~23時…「三焦経」体液・リンパの循環の時間。
めんどくさい、やる気がない、眠くなる、こんな症状がある人は、上の2つの時間帯に心身ともに休み、エネルギーの貯蓄をする時間にあてよう。照明を暗くして、目も頭も休め、1日の疲れをゆっくり取ろう。

●23時~1時…「胆経」胆のうが働く時間。

●1時~3時…「肝経」肝臓 が活発に働き、解毒してくれる時間。

●3時~5時…「肺経」肺の時間。
この時間にぜんそくの発作がおきる人も多いといわれる。この時間に目がさめる人は、肺の働きが弱くなっているのかも。普段から深い呼吸を意識し、粘膜の乾燥に気をつけて。

自分の生活時間と照らし合わせてみよう。23時~5時は、しっかり睡眠をとること。特に23時~1時は、眠れなくても身体を横にして、目をつむっているだけでもよいそうだ。朝は7時までに起きて朝食を食べ、午前中に排便をする。できたら、昼寝もおすすめだそう。

「『漢方』は漢方薬を飲むことだけではないんですよ。こんな臓器時間を知って日常の生活に役立てることも養生といって、これも大切な漢方の考え方です」と樫出さん。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。



コメントを残す