「小中学生が選ぶ2017年の漢字」が決定! 思わず微笑ましくなる第1位とは?(オーヴォ)



1年の世相を漢字一字で表す「今年の漢字」。12月12日(漢字の日)に京都・清水寺の舞台で貫主(かんす)が筆で豪快に大書して発表されるのは、もはや冬の風物詩だ。その発表より一足早く、「小中学生が選ぶ2017年の漢字」が発表になった。ニフティ(東京)が運営する子ども向けサイト「キッズ@nifty」で募集し、有効回答数は308件だった。

 見事、第1位に輝いたのは「恋」(40票)で、学年別の集計でも、回答の多かった小5・小6・中1で「恋」が1位だった。理由としては、「今年初恋をしたから」「両想いの人がいて、学校がすごい楽しかった」「恋のことで、沢山悩んで、沢山泣いて、沢山笑ったから」などが紹介されている。続いて第2位が「友」(15票)、第3位が同じ12票で「楽」と「笑」だった。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。



コメントを残す