【勤続10年女子】子供を産むのはどのタイミング?仕事と出産の考え時(Suits-woman.jp)



「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

就職氷河期と言われ続けている中、今年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は、大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、大手家電メーカーで正社員として働いている綾子さん(仮名・35歳)。

綾子さんはセミロングで、メイクも控えめ、ほんのり入れたチークが可愛らしい印象。清楚な雰囲気の紺のワンピースに白のジャケットを合わせていて、男性ウケも良さそうな雰囲気。

「地元は静岡です。両親と兄の4人家族で、仲が良かったかな。土地柄なのかのんびりした気質で、一番を取ってやる!とかガツガツした雰囲気はなかったですね。兄ともほとんど喧嘩をしなかったし、母親とは今でもしょっちゅう電話し合ってます」

おっとりと話す綾子さん。子供の頃から勉強ができる方で、その可愛らしくおっとりとした雰囲気から、クラスメイトからは密かに「姫」と呼ばれていたとか。反抗期も特になく、穏やかに日々を過ごしてきた。

中学、高校と彼氏はいなかったが、友達に恵まれて楽しく過ごしてきた。自分からは「これが欲しい!」と強く動くタイプではなく、そんなに強い願望も持ち合わせていなかった。

「友達でリーダーシップを取るのが上手な子がいて、クラスのイベントをみんなで作り上げよう!とか意見をはっきりと言っている子で、私はその後をついて行っている感じでしたね」

表に立って行動することはないが、真面目にやっていればうまくいく。大きく道を外さなければ、社会は守ってくれる。リーダーシップは無いけれど、チームメンバーとして貢献できる、そんな生き方をしてきた。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。



コメントを残す