免疫力強化には豆類、特に「大豆」からタンパク質をとり、動物性タンパク質は減らして(OurAge)



「年をとると免疫力が下がり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。また、がんの多くは免疫力が下がった結果として細胞の異常増殖が起きることで発症してくると考えられています。免疫力維持には、免疫力を維持する食品の摂取が必要です」と話すのは、白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士の白澤卓二さん。

「ただし、」と白澤ドクターは続ける。
「最大に機能するミラクル免疫力をつけるなら、タンパ質の摂りすぎにご注意。多くの現代人は毎日必要以上のタンパク質を摂取している傾向があります。1週間にタンパク質が筋肉に変わるのは450gまで。それ以上摂取しても脂肪に変わり、老化を早めるだけです。豆類、ナッツ類、種子類、野菜からの摂取が望ましいですね」とのこと。

「特に豆類は、体内で生成できない必須アミノ酸が豊富で、タンパク質の補給源として最適。毎日、半カップ以上の豆類を食べましょう。特に大豆は毎日の摂取を目指しましょう」と、大豆と大豆製品の摂取をすすめている。

今回は、料理家・栄養士の小田真規子さんに、タンパク質の補給源として最適な、必須アミノ酸豊富な大豆を使った料理のレシピを教えていただいた。

●大豆とツナとアスパラのわさび醤油(2人分)
アスパラガス2本は塩を加えた熱湯で硬めにゆで、乱切りに。ツナ缶(スープ煮)50gは汁をきる。わさび小さじ1、しょうゆ小さじ2を混ぜ、ゆで大豆100gとアスパラガスにからめ、ツナを加えてざっくり混ぜる。

■料理についての白澤教授コメント
「植物性タンパク質の中で必須アミノ酸が最も揃っているのが大豆。大豆イソフラボンは体内に入ると、カルシウム代謝の役割を担うホルモン、エストロゲンと似た働きをし、骨粗鬆症の予防・改善に効果が期待できます」

■タンパク質についての白澤教授コメント
「肉や魚など動物性タンパク質がもっと必要、という誤った考えを持っている人が非常に多いのが残念です。このような考えは、そろそろ排除しましょう。タンパク質は、野菜や豆から十分摂取できます。肉の赤身や魚には、野菜など植物にない栄養素が含まれているので、ほんの少し摂取したほうがいいのですが、現代人は明らかに動物性食品の摂取が過剰に。動物性食品と加工食品を合わせて、総摂取カロリーの1割以下を心がけましょう。

中山 富男の一流プロ美容師が教える『かんたん・ステキな』カット術 体験談とネタバレがヤバいかも

中山 富男さんの
一流プロ美容師が教える『かんたん・ステキな』カット術がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?



コメントを残す