完璧主義で手帳に挫折 伊庭式バーチカルで解決する?(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))



手帳は大好きだけど、スケジュール管理はグーグルカレンダーだった編集O。スケジューリングのプロである伊庭正康さんのメソッドを取り入れ、「今年こそ手帳を使いこなしたい!」と奮起しました。果たしてうまくいくのでしょうか?

【関連画像】見開きで見渡せる物理的な「広さ」がこんなに違う

●2017年の愛用は「ほぼ日手帳」 その中身は…

 昨年、1年間かけて「ほぼ日手帳」を使ってみた私(編集O)は、引き続き2017年も「ほぼ日手帳」のA5サイズを愛用していました。「カズン avec(アヴェク)」という分冊タイプで、1年分が2冊に分かれているので「軽い」「薄い」がかないます。

 とても気に入っているのですが、一つだけ悩みがあるとすれば、それは愛用の手帳を「スケジュール管理に使えていない」こと。私の手帳の中身は、ほとんどがメモなのです。

 今回の特集「仕事の悩みが解決する手帳術」では、「会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン」の著者・伊庭正康さんにスケジューリングの基本を教わりました(仕事を速くするには「紙の手帳」が絶対よい 理由は?)。伊庭さんのお話を聞いて、「紙の手帳でスケジュール管理できるようになりたい!」と改めて思った私は、取材が終わったその日に早速スケジュール管理用の手帳を購入することに。

●手帳選びで外せなかった3つの条件

 「1日に予定が複数あるならバーチカルタイプがおすすめ」という伊庭さんの言葉を思い出し、スケジュール管理用の手帳はバーチカルタイプに決定。実際に仕事で使う様子を想像して、私が外せないと思った手帳の条件をまとめると……。

【手帳の条件】
●サイズはA5
 A4の書類を挟んで持ち歩くため
●バーチカルタイプであること
 伊庭メソッドを実践するため
●紙がある程度厚いこと
 フリクションのペンで書いた予定をよく消すため
 
手帳コーナーを歩き回り、シンプルで使いやすそうなバーチカル手帳を購入しました。3つの条件も満たしています。

【私のスケジュール管理 新体制】
・「スケジュール・タスク管理」は、バーチカル手帳に書く
・「取材メモ・企画のアイデアなどのメモ類」は、ほぼ日手帳に書く



コメントを残す