水川あさみと真剣交際の窪田正孝、共演女優から自然とモテてしまう理由とは(週刊女性PRIME)



人気女優の水川あさみと俳優の窪田正孝の「同棲生活」が12月8日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で報じられた。

 同誌によると、11月下旬に水川の高級マンションの駐車場から、窪田が運転するスポーツカーで二人で出かけたり、別の日には双方の所属事務所の車が同マンションにそれぞれを送り届ける姿などがキャッチされている。

 だが、水川には“結婚秒読み”と言われていた俳優の大東駿介が、一方の窪田には13年に熱愛が報じられた多部未華子というパートナーがいたはずだが……。

「一時は窪田が多部のマンションに足繁く通う姿が報じられましたが、16年4月に破局報道。

 一方の水川は11年に小出恵介(芸能活動無期限休止中)との交際が発覚し、14年には大東との熱愛が報じられましたが、すでに破局したそうです」(スポーツ紙記者)

 二人は今年の夏に放送されたドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)で共演したことをきっかけに交際、同棲へと発展したという。

「ドラマの撮影は7~9月のあいだに行われていましたが、10月ごろにはすでにひとつ屋根の下で暮らしていたそうですから、急接近というか、二人の間では“結婚前提”のお付き合いという感じのようですね」(前出・同記者)

 窪田といえば今や若手実力派俳優として不動の人気を誇る。

 14年のNHKの朝ドラ『花子とアン』ではヒロインの幼馴染・朝市役として出演。このドラマでブレークすると、その後は『デスノート』(日本テレビ系)で主人公・夜神月役を演じ、水川と共演した『僕たちがやりました』でも主演。さらに来年1月の連続ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)にも出演が決まっていて、2月には主演映画『犬猿』も公開されるという売れっ子俳優だ。

「本人はシャイなところがあるのですが、一旦心を開くと、ギャグを言ったり、気さくに食事に行ったりするタイプで、とにかく共演女優から好かれるんです。

 本人が優しいというのもあるのですが、門脇麦さんや谷村美月さんなどみんなでワイワイよく飲んだりするそうです。人によっては恋の相談なんかもされるみたいですね。

 三人兄弟の末っ子のせいか、ちょっと甘えん坊のようでいて、しっかりしているところもあるそうです。しかも見ての通り、細マッチョというルックスもモテモテの理由なんでしょう」(芸能プロ関係者)

 水川も5歳年下のお相手、窪田のそんなところに惹かれたのだろう。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな



コメントを残す