『監獄のお姫さま』クドカンが描く、欲しがらない「おばさん」像に違和感(週刊女性PRIME)



タレント論や女子アナ批評での、真理に迫る“深読み”が人気のライター・仁科友里さんが、男性脚本家のドラマに潜む“オトコの思い込み”をあぶり出します。

  ◇   ◇   ◇  

「おばさん」という言葉は、辞書をひくと、年配の女性を指すこととありますが、性的な価値が低いという意味の暗喩でもあると思います。どんな意味であれ、女性には使わないほうが無難な言葉です。

 しかし、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系 火曜 夜10時)では、この言葉が頻繁に飛び交います。なぜ宮藤官九郎(以下、クドカン)が、このドラマでおばさんを連呼させるのか。おばさんでなければこのドラマは成立しないのだろうかと思いつつ、本作を見続けたわけですが、クドカンの描くおばさんは、かなり稀有(けう)な存在であることに気付きます。

 このドラマの主人公は馬場カヨ(小泉今日子)です。刑務所で服役中に同房だった足立明美(森下愛子)、勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)と、センセイと呼ばれる看守の若井ふたば(満島ひかり)を加えた5人で、現在も服役中の江戸川しのぶ(夏帆)を陥れた板橋吾郎(伊勢谷友介)に復讐(ふくしゅう)するというストーリーです。

 本作のおばさんは、怖くありません。

 吾郎におばさん呼ばわりされ、カヨたちがおばさんじゃないと気色ばむことがありますが、迫力は全くありません。「からかってもいいのよ」という妙な隙さえ感じさせます。

 本作のおばさんは面倒見が良く、情が深いです。江戸川しのぶが獄中出産し、同房の受刑者が分担して子どもの面倒を見ますが、みんな子どもを奪い合うようにして子育てをします。

 本作のおばさんは恨みません。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな



コメントを残す