きちんとケアしてる?健康寿命のためにも重要、「膣まわり」ケア(OurAge)



近頃は腟まわりケアが見直され、日本でも専用のケア商品が増えてきている。そんな膣まわりケアの重要性について、2人の専門家に話を伺った。

◆若々しさをキープするためにも、腟まわりへの意識を高めて

「植物薬理学的にとらえると、腟まわりは心や体の不調を探る目安にもなるもの。でも、日本人女性はその認識がとても低いのです」とは、日本での植物療法の第一人者、森田敦子さん。デリケートゾーンケアシリーズ「アンティーム」、マタニティケアシリーズ「インティメール」などを開発している。

フィトテラピーによる介護ケアの指導も行っている森田さんいわく、無知のために乾燥している自覚もなく、腟まわりがガビガビで痛い思いをしている高齢女性も多いそう。日々のケアは、老後のQOLにも影響を及ぼしていると言う。

「さらに、粘液力は免疫力。加齢により低下してしまう粘液力の対策には感度ケアを」
食べたい、眠りたいなどという欲求と同じように、性欲も自身でバランスよくコントロールすることが、若さを保つ秘訣とか。
「性的な快感やパートナーを愛おしむ感情により、粘液だけではなくエンドルフィンなどの幸せホルモンも分泌されます。これは、何歳になっても変わらないものなのです」

◆ デリケートゾーンの4大悩みは、日々のケアで軽減できます

「海外ではケア商品がスーパーに並び、幼い頃からケア方法を学校や家庭で学びます」と話してくれたのは、バルドゥッチ淳子さん。それに比べてまだまだ遅れている日本の現状を踏まえ、デリケートゾーンケアのブランド「トレスマリア」を立ち上げている。

「女性237名を対象に自社で調査したところ、9割の方が悩みをお持ちでした。上位4つがにおい、ムレ、かゆみ、黒ずみ。きちんと見たことがないという声も多かったので、ケアの一環としてミラーも作ったのです」

腟まわりは複雑な構造なのに、さっと洗うだけの方がほとんど、という現状にも警鐘を鳴らす。

「洗顔のように、腟まわりも細部まで丁寧に洗えばにおいとムレはかなり軽減します」
特にアラフィフ世代に多かった悩み、かゆみと黒ずみには保湿が効果的だと言う。
「かゆみは乾燥が原因であることも多く、黒ずみも潤せば肌色は明るくなってきます」

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね



コメントを残す