がんに対処するには基礎知識が必要。そもそもがんとは?「良性」と「悪性」の違いとは?(OurAge)



日本では年々、がんに罹患する人が増え続け、今や2人に1人はがんになるといわれている。もう誰にとっても、他人事ではない。がんに関する基礎知識、検診や治療について、総チェックしよう!がんになってから慌てないためにも、正しい知識を健康なうちに身につけておきたい。

そこで、東京大学医学部附属病院放射線科准教授、緩和ケア 診療部長の中川恵一さんに、そもそもがんとは?というところから、がんの基礎の基礎を教えてもらった。

Q.そもそもがんって何? 
A.遺伝子のコピーミスでできた細胞です。

私たちの体は約37兆個の細胞からできており、毎日1~2%の細胞が死に、新しい細胞が分裂しています。この細胞分裂の際に、その設計図である遺伝子のコピーミスが起きることがあります。突然変異した細胞の多くは生きていけませんが、中には細胞が死ぬことなく、止めどなく分裂を繰り返してしまうことがあります。この“死なない細胞”こそが、がん細胞です。どんどん増え続け、やがて塊となり「がん」へと変貌。ほかの臓器の機能を阻害するようになっていきます。

Q.「良性」「悪性」の違いはなんですか?
A.悪性は浸潤、転移して増えていきます。

実は健康な人でも、毎日、がん細胞が生まれています。その数は1,000個以上ともいわれるほど。しかし免疫細胞の働きで、がんへと発展しないよう、水際で退治してくれているのです。その見落としにより、増えて塊になった細胞(腫瘍)でも、その場にとどまっていれば「良性」と呼びます。一方、「悪性」は正常な組織を破壊しながら広がっていきます。これを「浸潤(しんじゅん)する」といいます。やがて血管やリンパ管に入り、その流れに乗って、ほかの臓器へ。これが「転移」です。悪性とは浸潤と転移をするものをいいます。

Q.日本人は2人に1人はがんになるって本当?
A.日本はがん大国。誰でもなる可能性はあります。

現在、日本人の死因第1位が、がん。1981年頃から急増しています。国民の2人に1人はがんにかかり、そのうち3人に1人ががんで命を落としている計算です。その理由のひとつは長生きになったから。日本人の平均寿命は、明治時代では35歳、現在は87歳です。遺伝子のコピーミスは年齢とともに増え、がん細胞を退治する免疫力も年齢とともに衰えるため、がんの発生が増えるのです。また女性特有のがんは働き盛りの若い世代に多く、いわば誰でも罹患する可能性はあります。

厚生労働省の「人口動態統計月報年計」によると、日本では、以前は脳血管疾患が多かったが、1981年を境にがんによる死亡 率が1位になった。また、女性のがんは20~40代の若い世代に多く、50代から男性がぐんと多くなる(出典/国立がん研究センターがん対策情報センター)という結果が出ている。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。



コメントを残す