顔には「幸せ筋」と「不幸筋」がある!?(OurAge)



「顔の筋肉には、鍛えると顔が引き上がる筋肉と、硬くなりやすく顔を引き下げる筋肉のふたつがあります」と、さつま骨格矯正鍼灸整骨院総院長の薩摩宗治さん。この前者を「幸せ筋」、後者を「不幸筋」と命名したそう。

「おもな幸せ筋には、顔を頭から引き上げる側頭筋や、ほほを引き上げるきょう筋(きょうは感じのほほ)や大・小きょう骨筋、口元を引き上げる口角挙筋や口輪筋、顔をあごから引き上げる舌筋群(ぜつきんぐん)があります。

一方、不幸筋は、硬くなると額をたるませる前頭筋、目をたるませる上眼瞼挙筋、食いしばり癖で硬くなりあごの歪みや顔のたるみを招く咬筋(こうきん)、顔を引き下げる首の胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)や広頸筋(こうけいきん)など。幸せ筋は鍛えて強化し、不幸筋は筋膜をはがして緩めれば効果的にリフトアップします」

早速、以下のテストで自分の不幸筋の状態をチェックしてみよう。

■舌のまわりに歯形がついている
■エラが張っている
■ほうれい線が深い
■歯ぎしりをしている
■朝起きると肩がこっている
■パソコン、スマホを使っているとき、上下の歯がくっついている

上記のうち、ひとつでも当てはまったら食いしばり癖があるという。

■目の大きさが左右で違う
■口が大きく開かない
■口角の上がり方が違う
■メガネがずれる
■口を開けたときあごがずれる、またはカクカクいう

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな



コメントを残す