なぜ「オメガ3系オイル」をとるといいの?「オメガ6系オイル」との違いとは?(OurAge)



テレビや雑誌で「美容&健康によい」と何かと話題のオメガ3系オイル。しかし、「知っているけど使ったことはない」「試してみたけど、使い続けてはいない」という人も多いよう。そこで、オメガ3系オイルについてじっくり研究、効果を改めてチェックしてみた。さらに、使い続けるためのコツ、上手にとる方法もご紹介。美容オイルコンシェルジュ・「日本オイル美容協会」代表理事YUKIEさんに話をうかがった。

Q.オメガ6系脂肪酸も必須脂肪酸なのに、なぜオメガ3系の摂取が推奨されるの?
A.現代人はオメガ6系脂肪酸のとりすぎ。不足しがちなオメガ3系の積極的な摂取が必要。

「オメガ3系とオメガ6系、どちらも食事からとる必要のある必須脂肪酸。互いに不足する性質を補う関係で、ペアで働きます。例えば、体内に侵入した異物を撃退するよう炎症を起こす働きをするのがオメガ6系、それを抑える働きをするのがオメガ3系。オメガ6系とオメガ3系は2対1のバランスで摂取するのが理想といわれています。ところが、オメガ6系脂肪酸は加工食品に多く含まれるため、現代人の多くは過剰摂取ぎみ。逆にオメガ3系は不足傾向に。バランスを整えるよう、オメガ3系の摂取が推奨されているます」

Q.オメガ3系オイルならどれでもOK? たくさんとるほど効果がある?
A.品質のよいものを選ぶことが大切。また、とりすぎによるカロリーオーバーにも注意!

「オイルの原料は天然植物。なので原料の良し悪しはオイルの品質に大きく影響します。また、オメガ3系脂肪酸は非常に酸化しやすいので取り扱いはとてもデリケート。加工や管理方法により、品質劣化の恐れも。購入の際に次のような点をチェックしましょう」

●原料は有機栽培、自然農法による植物など良質なものを使用しているか。
●化学溶剤を使わない「低温」または「非加熱圧搾法」で抽出しているか。
●遮光性のボトルや外箱入りか。
●JASなど、公的機関による認定マークがあるか。
●無添加表示(保存料や安定剤などを使用していない)があるか。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

松下 ひとみさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。



コメントを残す