睡眠不足解消に!“深睡眠”を得るためには「寝る前に体温を上げておく」(OurAge)



「よい睡眠を得るには、入眠してすぐの90分(120分くらいまで個人差あり)にいかに深くぐっすり眠るかがカギです」と語るのは、太田睡眠科学センター所長・日本睡眠学会睡眠医療認定医の千葉伸太郎さんだ。

この“深睡眠”を手に入れるために心得るべきことは、次の5つのポイントだ。
1.寝る前に深部体温を上げ、下がりはじめたらベッドへ。
2.寝具の温度と湿度をコントロールする。
3.体に合った枕を使う。
4.歯ぎしりや食いしばりを改善。
5.いびきの改善。

これら5つのポイントを改善すれば、自然に寝つきもよくなるし目覚めもすっきりするという。まず1つめのポイントから、具体的に紹介していこう。

●就寝前に体温を上げて体を睡眠モードに促す
脳の体温(深部体温)が下がるときに眠気がくるので、ぬるめの入浴や運動でいったん深部体温を上げておくことが必要。

「就寝前の準備で体を入眠モードにもっていけば、スムーズに眠れるようになります」と前出の千葉さんは言う。準備とは、脳の中枢神経がある部分の深部体温を上げること。眠気は深部体温が下がるときにやってくる。そのためにあらかじめ深部体温を上げておき、体を睡眠モードに切り替えるのだ。

「就寝の1時間ほど前に入浴して体を温めます。熱いお湯だと逆に覚醒してしまうので、ぬるめのお湯にじっくりつかるのがおすすめ。体のホカホカが収まってきた頃にベッドに入りましょう」

また、日中にしっかり活動して昼夜のメリハリをつけると睡眠リズムが整い、一定の時間になると眠気がくるようになるという。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね



コメントを残す