「薬膳」で元気になろう!まずは自分の体質をチェック!(OurAge)



漢方でよく聞く「薬膳」。でも実際はなんだろう?
「薬膳料理の基本の考え方は、病気になりにくい健やかな身体をつくるために、毎日の食事に気を配って、いただくこと。特別に漢方の生薬をとりいれることではなく、季節の旬のものを自分の体調に合わせて作る料理のことです。まさに、養生ですね!」と話す漢方薬剤師の樫出恒代さん。

例えば、トマトが身体にいいとは言っても、夏野菜であるトマトを無理に冬に食べたら、いいどころか、身体が冷えて具合が悪くなってしまう。生姜が身体を温めて免疫力を上げるとは言っても、暑がりの人やアレルギーでかゆみのある人は逆効果になってしまう。

「自分がどんな体質か、今の季節はどんなものを食べたらよいのか、この2つのことを考えることが、薬膳のスタートです!」と、樫出さん。「漢方では体質をみるときに、・陰陽 ・気血水 ・五行説 ・六病位などの独自のノウハウ、そして舌をみたり、お腹や脈をみたりと、いろんな角度から〈その人〉をまるごとホリスティックにみていきます」

まずは自分の体質を〈陰陽〉、陰…寒、陽…熱に分けてみよう。自分が寒がりタイプか暑がりタイプかを、下のリストでチェック!

●Aタイプ
□顔色は白いほう
□手足が冷たい
□あたたかい飲み物が好き
□疲れやすい
□舌は小さく、薄い
□尿の色は透明に近い
□寝汗をかくことがある
□胃腸が弱い

●Bタイプ
□顔色は赤みがある
□手足はあたたかい
□体力はあるほう
□声にハリがある
□冷たい飲み物の方が好き
□汗をかきやすい
□食欲がある
□血圧が高め

●Cタイプ
□不定愁訴が多い
□のぼせ・ほてりやすい
□お腹は冷たい
□食欲にムラがある
□あまり食べなくても太りやすい
□下痢・便秘をくりかえす
□睡眠の質が悪い
□下半身がむくみやすい

いちばんチェックがたくさんついたのが、Aタイプなら[寒がりタイプ]、Bタイプなら[暑がりタイプ]、Cタイプなら[寒がりで暑がりタイプ]となる。

「更年期は、ホルモンバランスの乱れからCタイプが多い傾向があります。次はそれぞれのタイプに合う食材をご紹介します」と樫出さん。

●Aの寒がりタイプには
もち米・ネギ・玉ねぎ・パセリ・シシトウ・ピーマン・蓮の実・山芋・かぼちゃ・ニラ・シソの葉・らっきょう・エビ・シラス・イカ・小魚・カツオ・うなぎ・鶏肉・牛肉・羊肉・梅干し・ショウガ・コショウ・紅茶・ほうじ茶、などを。レシピとしては、例えば〈ネギとエビの炒め物〉。どちらも身体を温め、気を巡らせる食材で、冷えの改善におススメの組み合わせ。

●Bの暑がりタイプには
玄米・小麦・きゅうり・トマト・セロリ・なす・レタス・アスパラガス・ほうれん草・ニガウリ・タケノコ・バナナ・キウイ・柿・スイカ・ワカメ・アサリ・はまぐり・コーヒー・煎茶、などを。例えば〈ニガウリと豚肉の炒め物〉。身体の熱をとるニガウリと疲労回復効果のあるビタミンB1を豊富に含む豚肉で炒め物に。夏バテなどにも効果的だ。

●Cの寒がりで暑がりなタイプには
寒く感じる時はAタイプの食材を、暑く感じる時はBタイプの食材をバランスよく選ぶ。例えば黒ごまと黒砂糖を使った〈ほうれん草の胡麻和え〉。これらには血を補う働きがある。

「更年期には、ホットフラッシュのようなのぼせがあったかと思うと、お腹に触ってみると冷たくて、冷えていると気づくこともあります。女性ホルモンのバランスをとることがとても大事なので、なつめ・人参・蓮の実(蓮子)・牡蠣・長芋・大豆・クコの実・黒ゴマ・松の実・すっぽん・レバー・ほうれん草・かぼちゃ・百合根・ナッツなどの血を補うものを食べ、血の巡りをよくしてバランスをとっていきましょう」と樫出さんは言う。

簡単な料理でも自分に合っていれば、元気になれるし、きちんと消化吸収もしてくれる。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。



コメントを残す