更年期になったら心がけたいこと。「まずは婦人科に」行こう!(OurAge)



女性なら、いつか必ず通過するのが「更年期」。ホルモンバランスが激変し、体調が変化し、その人の弱いところに症状が出るといわれる。どのようなトラブルがあるのか、どのように対処したらいいのか、いざというときに慌てずに済むよう、基本的なことを知っておこう。

更年期になったら心がけたいことの第一が「婦人科へいくこと」だ。
女性ホルモンが低下すると、ホットフラッシュのようなよく知られた更年期症状以外に、「こんなことも?」と驚くような不調が起こるもの。たとえば不眠や関節痛に見舞われたり、逆流性食道炎になったり、消化不良を起こしたり…。これまでとは違う症状を感じたら、婦人科で相談するのが早道だ。ホルモンが原因なら、更年期の治療をすればいいからだ。

気分が落ち込む、不安感が強い、眠れないなど、更年期には精神的な症状が強く出る場合もある。その際は、抗うつ剤や精神安定剤、睡眠導入剤などが処方されることも。また、更年期のつらさは、医師に相談したり、同じ悩みを持つ人と話したりするだけでもラクになることがある。一人で我慢せず、誰かに相談を。そのためにもやはり、かかりつけの婦人科医を持っていると安心だ。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。



コメントを残す