年を取るのは怖くないし悪くない!『おしゃれなおばあさんになる本』が話題(週刊女性PRIME)

出典元:『おちゃめなふたご』『若草物語』の挿絵を手がけた田村セツコさん 撮影/坂本利幸 過去、ポプラ社『おちゃめなふたご』『若草物語』などの名作物語の挿絵を描き、全国10数社と契約を結んだキャラクター商品は一世を風靡。サンリオ『いちご新聞』では1975年の創刊以来、現在もイラスト&エッセ... 続きを読む

国鉄民営化から30年! 結果としてJR各社の経営はうまくいっているのか(週刊女性PRIME)

出典元:山手線(JR東日本) 国鉄の分割民営化から30年。もはや若い世代は国鉄を知らない。  国鉄の正式名称は「日本国有鉄道」で、その名の通り国営の鉄道だった。世界に先駆けて新幹線を実現させて、日本を鉄道王国にした立役者である。収益比較をしたグラフを見る 国鉄は、国営ではあるが独立採算... 続きを読む

ファンキー加藤、W不倫騒動中に授かった第2子が誕生していた!(週刊女性PRIME)

出典元:新しく生まれた子どもを抱っこひもで抱える加藤。キャップには「LOVE」という文字が 「彼も頑張っていますし、自分もこのマウンドをきっかけに、次のステップに進めるように頑張ります」と語ったのは、4月29日、大阪・京セラドームでプロ野球の始球式に登場したアンタッチャブルの柴田英嗣。ア... 続きを読む

ノーパンで外出したことがある人は何割? “女性たちの下着のホンネ”を暴く(週刊女性PRIME)

出典元:女性の下着のホンネとは…(イラストはイメージ) 仲のいい女性同士でも、自分の身に着けている下着のことを話す機会はあまりないもの。世の女性たちは下着に対してどんなマイルールをもっているのか? それが丸わかりになる書籍『ブラパン100-聞きたくても聞けない、下着のホンネ-』(株式会社... 続きを読む

行ってみたい海外の猫スポット堂々1位、マルタを訪れてみたら(週刊女性PRIME)

出典元:活気のある庶民の街、ラバトではそこかしこに井戸端会議をする人々が。ときどき、猫たちも参加しているようだ 写真/白石あづさ 瑠璃色の海の向こうに、ハチミツ色に輝く美しい城壁。グランドハーバーを挟み、セングレア島の先端に立つ六角形の監視塔から、マルタ騎士団が築いた首都ヴァレッタの重厚... 続きを読む

寺島しのぶの英才教育! 4歳長男は3か国語をしゃべる歌舞伎界初のハーフ役者(週刊女性PRIME)

出典元:舞台初日の終演後、富司にジャケットを着せてもらう眞秀くん 「お酒の入った角樽を持って花道に登場すると、会場から“かわいい~”“あら~”と歓声が。“ごめんくださいまし! お客さまから、お使いものでございます”とお酒を届け“おやかましゅうございました!”と花道を戻っていく姿に拍手喝采... 続きを読む

CODE-V卒業、ウシク最後のインタビュー「メンバーとファンに伝えたいこと」(週刊女性PRIME)

出典元:CODE-V卒業、ウシク最後のインタビュー「メンバーとファンに伝えたいこと」 4月4日、CODE-Vから卒業することを発表。約3年間という時間を、CODE-Vのメンバーとして過ごしたウシク(25)に最後のインタビューが実現した。独占インタビューカット(全10枚) 卒業ライブを控え... 続きを読む