<芸能人の神対応>ジャニーズのタブーを破った森田剛、直撃取材に「オレ逃げないから」(週刊女性PRIME)

「ちょっと待ってて、オレ逃げないから」  今年で創刊60周年を迎えた『週刊女性』本誌。熱愛、離婚、不倫のスクープを振り返ってみると、突然の直撃取材にも関わらず“神対応”で応じるタレントたち。そんな中でも、冒頭の言葉を発したのは、V6の森田剛。記者とカメラマンが選んだとっておきの直撃取材秘話とは──... 続きを読む

気休めじゃない! ストレスを乗り切り「科学的に」元気になる10の方法(週刊女性PRIME)

出典元:背筋を伸ばして歩いてみよう! ストレス解消して疲れを取るには、温泉に行ったり、おいしいものを食べたり、お金や時間がないとできないって、思ってない? 【この記事のすべての写真を見る】「元気になるためには、まずは沈んだ気持ちをゼロに戻すことが大切。そして、その方法はみなさんが気がつい... 続きを読む

小池栄子と沢尻エリカ 『母になる』撮影現場での“スタッフ受け格差”(週刊女性PRIME)

出典元:小池栄子 ドラマ『母になる』(日本テレビ系)に出演中の小池栄子が「第20回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」助演女優賞に輝いた。昨年放送された『世界一難しい恋』(日本テレビ系)で大野智が演じた主人公の秘書・村沖舞子役の演技が評価されての受賞となった。  『母になる』では誘拐され行... 続きを読む

年を取るのは怖くないし悪くない!『おしゃれなおばあさんになる本』が話題(週刊女性PRIME)

出典元:『おちゃめなふたご』『若草物語』の挿絵を手がけた田村セツコさん 撮影/坂本利幸 過去、ポプラ社『おちゃめなふたご』『若草物語』などの名作物語の挿絵を描き、全国10数社と契約を結んだキャラクター商品は一世を風靡。サンリオ『いちご新聞』では1975年の創刊以来、現在もイラスト&エッセ... 続きを読む

国鉄民営化から30年! 結果としてJR各社の経営はうまくいっているのか(週刊女性PRIME)

出典元:山手線(JR東日本) 国鉄の分割民営化から30年。もはや若い世代は国鉄を知らない。  国鉄の正式名称は「日本国有鉄道」で、その名の通り国営の鉄道だった。世界に先駆けて新幹線を実現させて、日本を鉄道王国にした立役者である。収益比較をしたグラフを見る 国鉄は、国営ではあるが独立採算... 続きを読む

ファンキー加藤、W不倫騒動中に授かった第2子が誕生していた!(週刊女性PRIME)

出典元:新しく生まれた子どもを抱っこひもで抱える加藤。キャップには「LOVE」という文字が 「彼も頑張っていますし、自分もこのマウンドをきっかけに、次のステップに進めるように頑張ります」と語ったのは、4月29日、大阪・京セラドームでプロ野球の始球式に登場したアンタッチャブルの柴田英嗣。ア... 続きを読む

ノーパンで外出したことがある人は何割? “女性たちの下着のホンネ”を暴く(週刊女性PRIME)

出典元:女性の下着のホンネとは…(イラストはイメージ) 仲のいい女性同士でも、自分の身に着けている下着のことを話す機会はあまりないもの。世の女性たちは下着に対してどんなマイルールをもっているのか? それが丸わかりになる書籍『ブラパン100-聞きたくても聞けない、下着のホンネ-』(株式会社... 続きを読む

行ってみたい海外の猫スポット堂々1位、マルタを訪れてみたら(週刊女性PRIME)

出典元:活気のある庶民の街、ラバトではそこかしこに井戸端会議をする人々が。ときどき、猫たちも参加しているようだ 写真/白石あづさ 瑠璃色の海の向こうに、ハチミツ色に輝く美しい城壁。グランドハーバーを挟み、セングレア島の先端に立つ六角形の監視塔から、マルタ騎士団が築いた首都ヴァレッタの重厚... 続きを読む

寺島しのぶの英才教育! 4歳長男は3か国語をしゃべる歌舞伎界初のハーフ役者(週刊女性PRIME)

出典元:舞台初日の終演後、富司にジャケットを着せてもらう眞秀くん 「お酒の入った角樽を持って花道に登場すると、会場から“かわいい~”“あら~”と歓声が。“ごめんくださいまし! お客さまから、お使いものでございます”とお酒を届け“おやかましゅうございました!”と花道を戻っていく姿に拍手喝采... 続きを読む